距離のあるロングホール。右サイドはトラブルの可能性があるため、第1打・第2打ともフェアウェイやや左側をキープし、第3打にてグリーンを確実に狙いたい。

戻る
前へ
次へ